Bausteine Haus

栃木県足利市 コンテナハウスの工務店

よくあるご質問(FAQ)

  • お見積り・ご予算について
  • 見積もり、相談は有料でしょうか?
    お見積り、ご相談はすべて無料です。また、お見積りをお出しした後も売り込みコールは一切行いません。
    どうぞご安心ください。
    まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

    Bausteine Haus 3つのお約束

    • お見積り後の売り込みコールは行いません
    • ご希望に寄り添い全力で取り組みます
    • 建ててからのアフターフォローを忘れません
  • 価格帯・予算はどれくらいでしょうか?
    コンテナハウスは鋼鉄製のコンテナを利用する、いわば「鉄骨建て」です。そのため、安上がりな木造建築や簡易プレハブハウスと比べると割高となります。
    一方、鋼鉄製のハウスとしては規格の決まっているコンテナを使うため、注文住宅と比べて割安となります。
    また、以下に示すご希望の有無によっても変わってきます。

    • トイレやシンクなど水回りを設けるか?
    • 内装を防音壁とするか?
    • 側面に設ける窓の数

    一般的には概ね500万円~600万円程度をお考えいただきたいところですが、ご予算に応じて弊社ノウハウを駆使してベストなご提案ができるよう全力を尽くします。
    ぜひ一度ご相談ください。

  • ご契約・お支払いについて
  • 契約してから引き渡しまでどれくらいの期間が必要でしょうか?
    設計の内容にもよりますが、概ね2~3ヶ月となります。
  • 支払いは現金・振込のみでしょうか?
    いえ、現金や振込以外にもローンを組むことが可能です。
    弊社には独自のローンノウハウがあり、他で断られてしまった方でもローンを組むことができる場合が多々あります。
    他でローンを断られてしまった方でも、どうぞ遠慮なくご相談ください。
  • 契約後のキャンセル・返金は可能ですか?
    契約後のキャンセルはお断りしております。ただ、設計ご契約の後、施工ご契約までにキャンセルされる場合は設計ご契約分のお支払いのみでキャンセルを承ります。
  • 建築確認・設置条件について
  • 建築確認は取ってもらえますか?
    はい、コンテナハウスは法的にも正規の建築物となります。したがって建築確認は必須であり、弊社でも必ず建築確認をとらせていただいております。
    どうぞご安心ください。
  • コンテナハウスの設置条件はありますか?
    コンテナハウスの大きな特徴として、内外装を弊社で完成させてから、施主さまの設置場所に持ち込みます。このため、コンテナを大型トラックで搬送することになるため、搬送用のトラックが駐車できる土地構成となっている必要があります。いわゆる「旗竿地」ですと搬入ができないため、設置できないことになります。
  • コンテナハウスの特徴・デザインについて
  • コンテナハウスの広さはどれくらいでしょうか?
    コンテナハウスに使うコンテナにはいくつかのサイズがあります。
    一番ポピュラーなサイズは20フィートコンテナとなります。小さいサイズですと12フィートコンテナ、大きいサイズですと40フィートコンテナがございますが、40フィートコンテナはかなり横長のサイズとなるため、搬入できない場合もございます。

    コンテナ規格と広さ

    • 12フィートコンテナ 幅2438 x 長さ3629 x 高さ2591  5.5畳サイズ
    • 20フィートコンテナ 幅2438 x 長さ6058 x 高さ2591  9.0畳サイズ
    • 40フィートコンテナ 幅2438 x 長さ3029 x 高さ2591 18.0畳サイズ
  • プレハブハウスとの違いは何ですか?
    専門的な用語となりますが、プレハブハウスは軽量鉄鋼造となります。これは木造建築に近い形で薄い鉄板により構成されています。価格面で優位な反面、耐久性が下がってしまうデメリットがあります。
    一方、コンテナハウスは鋼鉄製のコンテナ躯体を用いた建物となり、重量鉄骨造となります。耐久性もさることながら強固な躯体を使用しているため災害に強く、避難用のスペースとして使うことも可能です。
  • トレーラーハウスとの違いは何ですか?
    トレーラーハウスは「車両」とみなされます。そのため固定資産税が課税されません。一方で「車両」としての税金、すなわち自動車税が課税されます。大型特殊自動車の扱いとなる場合は自動車税はかかりませんが、償却資産税が課税されます。
    一方、コンテナハウスは、土地に固定設置する「建築物」となるため、固定資産税が課税されます。
  • 鉄のコンテナは夏は暑く、冬は寒くなるのではないですか?
    コンテナは鋼鉄製の箱なので、そのままでは防熱性・保温性は良くありません。
    弊社では外装に遮熱塗装を行い、内装は断熱材を用ることで、一般住宅と同水準の防熱性・保温性を実現します。
  • 防音性に優れていますか?
    いいえ、コンテナは鋼鉄製の箱なので、そのままでは遮音性・防音性は高くありません。
    弊社のAterierMexモデルでは防音対応も可能です。
    具体的には内装工事で壁面・天井に吸音素材を使うことで防音を実現できます。
  • コンテナハウス内にトイレは設置できますか?
    はい、可能です。汲み取り式の簡易水洗式トイレや通常の水洗式トイレの設置が可能ですが、弊社では衛生面から通常の水洗式トイレを推奨しております。
    ただし、トイレの設置はその必要面積から、20フィートコンテナまたは40フィートコンテナでの対応となります。
  • 対応エリア・その他
  • 対応エリアはどこになりますか?
    弊社は栃木県足利市を中心に展開しておりますが、以下の地域も対応可能です。

    • 栃木県(佐野市・栃木市・小山市など)
    • 群馬県(太田市・館林市・大泉町・邑楽町など)
    • 埼玉県(行田市・熊谷市など)
    • 茨城県(古河市・結城市など)

    こちらに記載している地域以外でも対応可能な場合がございますので、ぜひ一度ご相談ください。ご相談はもちろん無料です。

  • 御社はなぜ株式会社ではなく合同会社なのですか?
    意思決定を早くするためです。
    弊社は中小企業であり、所有と経営を分離する株式会社形態よりも、所有と経営が一致し、意思決定の早い合同会社形式を採ることで施主さまのご要望に迅速に対応できると考えたためです。

    最近では大企業でも合同会社形態を取る会社も多く、株式会社より信用が劣るものではありません。どうぞご安心下さい。

    大企業で合同会社形態を取っている会社の例

    • アマゾンジャパン合同会社
    • Google合同会社
    • 合同会社 DMM.com